ココモ法  カジノ攻略法

オンラインカジノとその還元確率に関する特長-Ⅱ

オンラインカジノでは、かなりの大きな利益が生じている事もあります。
と言うのもそのサービスには、ジャックポットと言うシステムがあります。いわゆるチャージ金のシステムなのですが、だんだんとジャックポットと呼ばれるものに対して、人々のお金が貯まっていきます。それで運が良ければ、突然にジャックポットが当選して、相当大きな利益が生じる事もあるのです。現に過去には、日本人プレイヤーで億単位の利益が生じている事例もあります。
しかしパチンコなどでは、それだけ多くのお金が動く事例は、あまり多くありません。つまり利益額の大きさも、そのオンラインサービスの魅力の1つなのです。稼いでみたい時には、少なくとも宝くじよりはおすすめと言えます。

ちなみにそれで稼ぐ方々の事例を見ますと、とにかくリスク管理を徹底している傾向があります。確かに損失が生じる事もあるのですが、そのリスクをいかに減らすかを研究している事が多いですね。
よく株の投資などでも、リスクが重要と言われるでしょう。株の価格が下がった時に備えて、自分なりに対策を施しておく事は大切です。オンラインカジノにも、それと似た一面があります。万が一の事を考えておくのは、このサービスも全く同じですね。
それと、あまり大きく稼ごうとしない方々が多いです。一発逆転を狙って大きく稼ぐと言うより、むしろ着実にコツコツ稼ぐプレイヤーの方々が目立ちます。いかにして着実に稼ぐかも、重要なポイントになるでしょう。
またカジノの選定も大切ですね。上記でも触れたように、それぞれの会社によって、パーセントに関する違いがあります。一番高い所では98%台になっていますが、低いところは94%台ですね。わずか4%の差でも、やはり軽視できない一面があります。ですので各社の数字を比較して、できるだけ高い所でプレイをするのも大切でしょう。

また、オンラインカジノの還元率が高い理由の一つに言語の壁の低さがあるかと思います。
ラスベガス等の本場のカジノの場合は日本語が通じない場合が殆どですが、いわゆる有名な会社が運営するオンラインカジノですと、大抵は日本語サポートがあるからです。
例えばある有名な業者の場合は、日本人のスタッフの方々が常駐してくれています。フリーダイヤルなども完備しているカジノなのですが、日本語が通じるスタッフが24時間待機しているのですね。電話だけでなくメールに対しても、ほぼ同様な状況になります。
それは何も上記のオンラインカジノだけではありません。WEBを用いるカジノの場合は、かなりの高確率で日本語が通用する傾向があります。
また英会話などができれば、ほぼ問題は無いでしょう。そもそもWEB媒体のカジノの場合、ほとんどがイギリスやアメリカによって開発されたタイプになります。母国語が英語なだけに、もちろん日常英会話が可能ならば、特に問題は無いでしょう。
そもそもカジノ画面で用いられている英語は、それほど難しいものではありません。大抵は頻出表現や単語がありますので、よく見かける単語さえ押さえておけば、特に問題は無いと思われます。

ただ出金手続きだけは、少しハードルが高くなるでしょう。カジノの画面と違って、多少難解な英語が含まれる事もあるからです。それでもカジノ会社に日本人スタッフの方々が常駐してくれていれば、特に問題は無いでしょう。
ただそれぞれのオンラインカジノによって、サポートの充実度に違いがある事も、ほぼ間違いありません。上記は24時間で常駐してくれているカジノですが、中には時間帯が制限される所もあります。
それと対応の早さの違いもあります。かなりスピーディーに対応してくれるカジノ会社もあれば、数日程度を要するカジノなど様々ですね。やはりそれぞれの会社によって、サポートの充実度に関する違いは存在するのです。
そして、やはりサポート充実度はオンラインカジノを選ぶ基準の1つになります。いざという時にスムーズに問い合わせできるよう、できるだけサポートが充実した所を選ぶと良いでしょう。

カジノ攻略法

ココモ法

マーチンゲール法の変形型で配当が3倍以上のゲームに適しています。

まず初期投資額を$1とします。
負けた場合は、2回目にもう一度$1を賭けます。3回目からは、前回と前々回の賭け金を足して賭けていきます。
つまり3回目は$1+$1で$2、4回目は$1+$2で$3という具合に的中するまで掛け金を増やしていきます 。
的中したら、また初期投資額の$1から始めます。

下記の例は7回連続外れて8回目に的中した収支です。

回数
1
2
3
4
5
6
7
8
賭け金
$1
$1
$2
$3
$5
$8
$13
$21
トータル収支
-$1
-$2
-$4
-$7
-$12
-$20
-$33
+9

マーチンゲール同様、的中した時点で収支がプラスになります。
ココモ法の場合、連敗が深いほど当たった時の収支幅が大きくなるのが面白い箇所です。