マーチンゲール法  カジノ攻略法

カジノでプレイする時のリスク管理とその主たる方法-Ⅰ

カジノでプレイするとなると、リスク管理は大切なポイントになります。いかにしてそれを低くするかは、重要なテーマと言えるでしょう。
当然ですがカジノでプレイする以上は、お金を賭ける事になります。ただ賭ける以上は、もちろんそれなりのリスクもあるのです。それで人によっては、大変な事になってしまっていますので、気をつけた方が良いでしょう。
カジノで一番怖いのは、やはりお金が大きく減ってしまう点です。例えばある時までの全財産が、100万前後だったとします。ところがある時からカジノに没頭してしまい、それが10万前後やゼロ近くにまで減ってしまう事はよくあるのです。
このような問題に直面してしまう方々には、1つ共通点があります。リスクを大きくしすぎている点です。

上記のように100万を保有しているならば、少なくともすべてのお金をカジノにつぎ込むべきではありません。100万を全部カジノで賭けようとするのは、やはりあまり現実的ではないでしょう。
どうすれば良いかと言うと、まず使う金額の上限は決めておく事です。自分が決めた上限は、何があっても超えないようルール設定しておくと良いでしょう。ですのでカジノで使う金額を上限5万と決めたならば、もちろんそれ以上使うべきではありません。
ちなみにこの5万という数字は、あくまでも一例です。人によって基準も色々異なるでしょうし、無理の無い範囲で上限を設定するのが良いと思われます。
それで5万と決めたら、今度はそれを小刻みにするのも大切です。あまり一気に多くのお金を賭けるのではなく、できるだけ刻んでいく方が良いでしょう。
例えば予算5万で、ブラックジャックなどで一気に4万や5万などと賭けてしまうのは、あまり望ましい事ではありません。ブラックジャックで勝つ事ができれば良いですが、もちろん必ず勝てるとは断言できないでしょう。
そうではなく、むしろ3,000円ずつや1,000円ずつなどと小刻みにしていくほうが良いです。万が一1回のゲームで負けたとしても、賭け金が1,000円ならば、せいぜいその程度の損失に収まります。リスク管理とは、そのような意味なのです。この1,000円という数字も、あくまでも一例です。必要に応じて、自分なりに調整すると良いでしょう。

これを応用したカジノセオリーは、実はいくつも存在します。例えば10%ずつ賭けていくやり方があります。上記の5万という予算なら、もちろん10%は5,000円になるでしょう。ですのでブラックジャックで賭けるお金を、5,000円にする訳です。
それで、仮に負けたとします。その場合は手持ちのお金は45,000円になりますが、この時の10%は4,500円なので、次回は4,500円だけ賭けると良いでしょう。
これもカジノに関するリスク管理の1つです。一気に100%を賭けるのではなく、10%ずつ賭けていけば損失もかなり限定されるでしょう。
また発生した利益額をそのまま賭けるやり方もあるのです。例えばカジノのあるゲームでプレイをし、勝ったとします。それで手取り2,000円の利益が生じたとしましょう。
この時には、その手取り2,000円という数字を次回賭ける訳です。その際にまた勝って、4,000円の利益が生じた時には、それで賭けるやり方になります。 仮にこのやり方で、どこかのタイミングで負けてしまったとします。しかしそれでも、何か大きな損失が発生している訳でもありません。あくまでも賭け金没収になる程度で、リスクはかなり限定されますよね。

カジノ攻略法

マーチンゲール法

マーチンゲール法は確率が2分の1で支払いが2倍の配当のゲームにおいて、賭け額を負けたときの次は前回の2倍を賭けていけば必ず勝つ方法です。
ルーレットの赤黒など、2倍の配当になる賭け方に適しています。

例えば$1賭けて外れたら、次は2倍の$2を賭けます。
また外れたら、今度は$2の2倍の$4を賭けます。
勝った時は$1プラスになりますから、また最初に戻って$1賭けます。
負けた時のみ賭けを倍にしていきます。

下記の例は7回連続で外れて8回目に的中したケースです。

回数
1
2
3
4
5
6
7
8
賭け金
$1
$2
$4
$8
$16
$32
$64
$128
トータル収支
-$1
-$3
-$7
-$15
-$31
-$63
-$127
+$1

連続で何回外れても最終的に1回的中すれば必ずプラスになる方法です。